有限会社 日高工務店土田 哲哉TETSUYA TSUCHIDA第13期生 小林秀峰高校 出身

お仕事の内容は?

アパートを中心に壁や床、天井などの内装工事をしています。

専門校で学んで役に立っていることは?

道具の名前や使い方などを知ってることで、現場ですぐに動くことができます。

入校を考えている方へメッセージをお願いします。

専門校で学んでいることは現場で即役立つことばかりです。先生方の指導を理解し、技術を習得すれば就職活動も安心です。就職のときにPRできる資格の取得は必須です。

株式会社 赤木鉄工所久保 隼斗HAYATO KUBO第13期生

お仕事の内容は?

コアの組み立てなどロボットを使った作業のオペレーターです。

専門校で学んで役に立っていることは?

基本的な道具の使い方や溶接の知識が “オペレーター業務” に活かされています。

入校を考えている方へメッセージをお願いします。

資格をいかせる仕事に就きたいと思うなら専門校がピッタリです。技術向上のために何度も繰り返し練習をする、最新の技術を積極的に学ぶなどの努力が成果につながり ます。

株式会社 共立電機製作所井上 桂KEI INOUE第13期生 佐土原高校 出身

お仕事の内容は?

配線部制御班のパネル担当に属し、配電盤のパネル配線をしています。

専門校で学んで役に立っていることは?

基礎をきちんと学んでいたので、上司からの指示や応用を求められても応えることができます。

入校を考えている方へメッセージをお願いします。

機器の名称など曖昧に覚えるのではなく完璧に覚えること、そして国家資格は必ず頑張って取得することが自分の将来にとっても大事です。1つでも多くの資格を取得し ておくと自信にもつながります。

株式会社 九南阿部 秀光HIDEMITSU ABE第13期生 鵬翔高校 出身

お仕事の内容は?

空調管工事部に配属され、ダイキン HVACソリューション九州株式会社で社外研修中です。

専門校で学んで役に立っていることは?

2級建築配管技能士の資格取得により、配管についてもすぐに理解できました。

入校を考えている方へメッセージをお願いします。

2年間きちんと技術向上を目指して実習に取り組み、資格もできるだけ取得すれば自信をもって就職できます。努力は夢への近道です。

木造建築科 第15期1年生中武 蓮耶RENYA NAKATAKE富島高校 出身

夢を実現するには最高の環境が整っています

祖父の形見となった大工道具を見ながら母と祖母が誇らしげに祖父のことを語る姿をみて、自分も大工になりたいと思いました。母から中学生のときに専門校のことを教えてもらい、高校卒業後の進路は専門校に入校すると決めました。入校してみて大工に必要な基礎知識はもちろん、木造建築に関することをしっかりと学べるので入校して本当によかったなぁと思っています。応用実習棟で実際の木造住宅を建築できることが当校の特徴で、この実習が楽しみです。大工の知識と技術をしっかりと習得し、就職につなげたいです。

木造建築科 第14期2年生甲斐 優太YUUTA KAI聖心ウルスラ学園高校 出身

できるまでしっかりとサポートしてくれるので安心です

高校の進路相談の時に「家づくり関係の仕事がしたい」と先生に相談。県立で学費の負担も少なく、寮もあって県内で勉強できるということで専門校への入校を即決しました。高校が普通科だったので入校前は不安でしたが、先生方の丁寧な指導と仲間に支えられ、いくつかの資格を取得できた頃には、それが自信となり不安もなくなりました。残り1年で就職後に必要とされる基礎的な技術の完璧な習得と道具の使い方、そして確実な資格取得で夢である「大工」へ一歩でも近づきたいです。

構造物鉄工科 第15期1年生瀬戸 真一SHINICHI SETO都城西高校 出身

地図に残る仕事がしたい人にはピッタリです

平均16種類もの資格取得をする先輩。就職率も100‰。そして学費が安い。このことを知ってすぐに入校を決めました。入校してみて設備の環境のよさや指導力の高さ、目的をもった仲間の意識の高さに毎日刺激を受けています。取得できる資格はすべて取得し、社会人としてスタートラインに立った時、同期よりも上のラインにいたいと思っているのでしっかりと学んで技術も極めます。高層ビル、鉄橋など目に見えて地図にも残る仕事に就くことができるなんてワクワクしませんか。一緒にがんばりましょう。

構造物鉄工科 第14期2年生河合 裕紀YUUKI KAWAI妻高校 出身

モノづくりの楽しさを学べる環境と設備が整っています

中学校の職場体験先で溶接の仕事を知り、カッコいいと思い高校卒業後の進路は専門校へ決めました。1年次の溶接授業の時は緊張して失敗ばかりでしたが、初めて知る新鮮なことが多く、どんどん魅了され今ではモノづくりの面白さにはまってしまっています。就職に有利とされる資格取得も残すところ6つほどになりました。修了までには、きちんと習得し胸をはって修了したいと思っています。根気よく指導してくださる先生方がバックアップしてくれるので勉強と技術習得には最高の環境です。

電気設備科 第15期1年生萩野 太輝TAIKI HAGINO都城東高校 出身

資格取得が夢現実への第一歩です

父の友人が電気関係の仕事をしており、電気工事士になりたいなら資格もきちんと取れて、技術も学べる専門校をすすめてくれました。高校が商業系のクラスだったため、始めは戸惑うばかりでしたが先生が分かりやすく丁寧に指導してくれるので安心です。技術実習だけではなく、パソコンを使用した実習もあるので高校で学んだパソコン技術が役立ち、学習向上の意欲がさらに高くなりました。2年間しっかりと基礎を学び、社会に出たら即戦力となれるように電気工事士の資格取得に向けてかんばります。

電気設備科 第14期2年生横山 鎮也SHINYA YOKOYAMA妻高校 出身

就職後のことも考えた資格取得もフォローしてくれます

高校の先輩が入校しており、「話を聞くよりもオープンキャンパスに参加したほうがいいよ。」とのアドバイスを受けて電気設備科のオープンキャンパスに参加しました。その時に体験した住宅配線作業に感動し、入校を決意しました。就職を希望している会社では、電気通信主任技術者の資格が必要となっており、専門校の授業内容に入っていないにも関わらず、先生方は熱心に指導してくださり、資格取得までのアドバイスや相談にもきちんと応えてくれます。専門校で取得した資格は人生においてのスキルアップとしても役立つと確信しています。

建築設備科 第15期1年生蛯原 成哉SEIYA EBIHARA西都商業高校 出身

国家資格を取得して優位な就職先を決めたいひとへ

入校して2つの資格取得ができました。「就職に有利な資格がたくさん取れるから」と、両親のすすめもあって入校したのですが、資格取得でき嬉しかったです。これも先生方がマンツーマンで指導してくださるので、分かるまで学ぶことができ、反復練習による技能の習得ができるからだと思います。現場での経験が豊富な先生方は、実践に役立つことをしっかりと教えてくれるのも専門校ならではです。一つでも多くの国家資格取得を目指しているので、先生方の指導に従い、目標に向かって努力します。

建築設備科 第14期2年生川野 浩彰HIROAKI KAWANO宮崎工業高校 出身

即戦力となるべき知識と技術をとことん学べます

私が入校時に設定した目標の資格は、すべて取得できました。これも、現場と同じような充実した授業で、体を使って覚えたことが資格試験で活かされた結果だったといえます。水道、空調など多種多様な分野の資格を取得できる建築設備科なので、覚えることもたくさんありますが、先生方がマンツーマンで指導してくださるので安心です。就職の相談も、科を越えた希望先にも関わらず熱心にフォローアップしてくださいます。コミュニケーション力、段取りする力、仕事をする上で必要不可欠なたくさんのこともここで学べます。